【話を聞いて】自分の話を聞いてもらえないのは、相手を理解しようとしてないから

「人に自分の話を聞いてもらえない。どうしたら聞いてもらえるのかな?」

こんな悩める人へ

人と会話していて、こんなに一生懸命話しているのに話しを聞いてもらえない、理解してもらえないのは何故なのか?

結論から言うと相手を理解しようしていないからです。

どんなに自分が相手の事を考えて話していても、相手にとってはウザいだけですよ。

相手の話を常日頃から聞いて、相手があなたに「自分を理解してくれている」と思ったら、そこからあなたの話を聞き、あなたを理解しようとするのです。

相手の事を理解して話してますか?

例えば僕は相方と常に2人で話しいますが、大体僕がガァーと喋りたい事だけ喋って、どう思う?

って言うと

「いや、なんかよくわからない。」って答えが返ってきます。

自分では色々考えて話しているのに、よくわからないって何なんだよ?考えてる意味ないじゃんかよ?

あなたはこう思うと思います。

何故自分の言うことをわかってくれないんだ?

何故かというと自分の自己満で終わってるからです。

人の自己満足の話は誰も聞きたくないです。

それでは相手は自分を理解してくれないですね。

正解は相手の言うことを常に聞いて、相手が何を考えているのかを理解して、自分の話をするという順番が大切です。

勘違いしないでほしいのが、相手に合わせるのでは無くて相手を理解するという事。

相手が間違ってる事を言ったら、それは違うと思うと言っていいし、ぶつかってもいいです。

議論をしてその内容が平行線で終わっても、その人と関係を断つ訳では無いですよね?

相手の話の答えを探すのではなく、あくまでも理解する事が大事です。

人に話を聞いてもらえないと悩んでる人は、まず相手の話をしっかり聞いて、理解する事。

しっかりと理解した上で自分の考えを話してみると、相手が聞いてくれます。

明日から試してみてください。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です